PCR検査 「島根県」で受ける費用と時間について

2022年の梅雨時期から再び感染が増えそうな状況です。

海外からの来日も増え、各都道府県でも「Goto」の割引が始まり、人の流れがコロナ前に戻りつつあります。
そのため、感染者も緩やかに増加傾向。

年代別でみるとワクチン接種が進んでいない若い層が多いです。

郵送のPCR検査でも陰性証明がでるので便利です。

唾液採取で簡単、陰性証明も可能な郵送PCR検査キットはこちら

PCR検査
一般的な症状

  • 発熱
  • 空咳
  • 倦怠感

ときどきみられる症状

  • 味覚障害と嗅覚障害(味がしない、におわない)
  • 結膜炎(目の炎症)
  • 喉の痛み
  • 頭痛
  • 筋肉痛や関節炎
  • 皮膚の発疹
  • 吐き気、嘔吐
  • 下痢
  • 悪寒
  • めまい

感染した事実がわかることが重要

PCR検査のメリット

  • 検査が簡単
  • 感度が高い
  • 感染していないことの証明ができる
  • 感染の可能性を発見できる
  • 接触者に継続検査ができる

PCR検査キットは検体を採取するまでがとても簡単にできています。
感度も高く、陰性をしっかり判断でき、感染の可能性がある人も見つけることができます。

唾液採取の郵送検査キット

PCR検査の、自費の費用について

PCR検査キットは誰でも、病院で受けるよりも安くできます。

  価格 証明書 場所 結果まで
郵送検査キット 10,900円 追加料金 自宅 到着後24時間
検査センター 2,300円~ ない 大都市 翌日
クリニックなど 15,000円~ 追加料金 医療機関 即日、翌日

病院は自費診療なので、価格設定がバラバラ。
安くて1万5千円で、2万円台が主流。

民間のPCR検査センターは都市部しかなく、探せば安いところはあるけれど陰性証明書が出ません。
郵送のPCR検査キットは待ち時間もないので便利です。

唾液採取の郵送検査キット

PCR検査キットの使い方

だれでも簡単にできるように唾液をとるようになっています。

1 自然にたまる唾液をカップに吐き出す

2 書面を記載

3 返送

だけです。

できれば到着の翌日の朝に唾液採取を行い、即返送するといいです。
だいたい1-2日で返送先に届くので、注文してから3-4日でわかります。

PCR検査キットの陰性証明書

陰性証明書は医師の診断も必要になるのですが、オンラインでできるので便利です。

国内だけでなく、海外に行く場合に求められる様式も対応しています。

唾液採取の郵送検査キット

PCR検査キットの精度

精度を上げるために必要なことがいくつかあります。

  • 検体採取の前は、飲食、うがい、歯みがきをしない
  • 採取は起床後すぐがよい
  • 採取後はひと晩以上おく場合は冷蔵庫に

特に、マウスウォッシュやのどスプレー、ガム、歯磨き粉にはウイルスを殺してしまう可能性があるので注意。

唾液採取の郵送検査キット

「島根県」でPCR検査ができるクリニック

病院では全額自己負担の自費診療で、PCR検査を行っているところもあります。

価格は少し高く、1万5千円から2万円台です。

陰性証明書も別料金。
訪問先の地域によって必要な書面も変わり、価格にも差があります。

「島根県」でPCR検査ができるクリニック一覧

名称住所受付時間電話番号URL自費検査費用検査以外の費用
島根大学医学部附属病院〒693-8501 島根県出雲市塩冶町89-1平日 10:00~15:00
土日祝 休診
電話予約
090-9821-7995https://www.med.shimane-u.ac.jp/hospital/抗原定量検査  1回 5,800 円(税込)
PCR検査  1回 15, 300 円(税込)
陰性証明書発行料 2,200 円(税込)
出雲徳洲会病院島根県出雲市斐川町直江3964-1月~金曜日 9:00-17:000853(73)7000https://www.izumo-tokushukai.jp1回22,000円英語報告書(3,850円税込)
出雲市立総合医療センター島根県出雲市灘分町613月~金曜 9:00-17:00、土日曜休診090-9735-7275(専用電話)https://www.city.izumo.shimane.jp/hospital1回22,000円

唾液採取の郵送検査キット

おすすめの記事